北海道のお飾り

  • 2013.12.31 Tuesday
  • 01:29
今年も残すところあと一日。
我が家も、大掃除をしたりお正月の準備をしたり。

お正月の風習といえば、各地で全く違うようで、
北海道に来てまずビックリしたのがコレ。

スーパーの正月用品売り場、見渡す限りズラ〜っとオカメちゃん……
玄関のしめ縄なんですが、北海道独特のもののようで、
オカメちゃんが真ん中にどどーんといて、謹賀新年の札がぶら下がってます。
最近は街中ではオシャレなしめ縄を飾るお宅も多いようですが、
農村部などはみ〜んな同じ形のオカメしめ縄が飾ってあります(^_^;)
町内で注文でも取ってるんだろうか…?

また、これも他から見れば不思議でしょうが、
愛知の私の育った地域では、しめ縄は一年中飾っていました。
で、その年のしめ縄を大晦日に神社に持ってって焼くって感じで。
どうもこの感覚が抜けないので、我が家では「謹賀新年」とどどーんと書いてあるオカメちゃんは
ちょっとなぁ〜と、普通のしめ縄を飾っています。
もちろん、一年中。(笑)

次は宝船。

これも、移住してしばらくはなんのためのものか謎でした。
オカメちゃんと並んで、いろんなデザイン、サイズで大量に売られています。

答えは、神棚のお飾り。

普通の陣幕の前にこの宝船を飾るので、なんとも豪華で賑やかに(*^_^*)
宝船には大漁、五穀豊穣など意味する俵が乗っており、
神棚のサイズや願い事の強さ?に応じて
2俵から10俵ほどの特大サイズまで種類があります。
うちは5俵。
今年、分相応にと…ケチって3俵にしたらトマトの収量が伸びなかったので(笑)
願いはでっかい方がいいみたいなので(^o^)/

さてさて、おせちも作り始めました。
明日はまずは除雪からスタートだわ〜(^_^;)


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM